MENU

口臭予防の歯磨きのポイントとは?

歯磨きをしている女性

 

歯磨きは口臭をはじめとしたオーラルケアをする上で最も基本的なもの!
でも、なんとなく適当にやっていると思った以上にその効果は薄れてしまいます。

 

ちゃんと口臭予防するためにはどういったポイントに注意して歯磨きすればいいのか?!
歯磨きの本当に気をつけるべきポイントをいくつかまとめてみました(^^)

 

歯垢や食べかすを残さないことがポイント

歯垢や食べかすは口内雑菌の格好の餌となり、
それが多ければ多いほど口臭がきつくなります。

 

しっかり歯磨きでそれらを除去してあげるのが基本的なポイントです。

 

磨きにくいところほどしっかりケアすることがポイント

歯磨きしずらいなと感じる場所程、歯垢や食べかすがたまりやすいもの!
特に歯の隙間などに挟まった食べかす等はどうしても歯磨きだけでは除去してきれないものです。

 

それらも当然口臭の原因になってしまうので、、糸ようじなんかも使ったりして
除去してあげることがポイントです。

 

歯磨き後のうがいもポイント

歯磨き後はうがいをすると思いますが、そのうがいの仕方もポイント!
使っている歯磨き粉にはだいたい口臭を軽減するような成分も配合されています。

 

その効果を最大限に生かすためにもあえてうがいは1〜2回程度にして、
有効成分を口に残すことがポイントです。

 

力を入れすぎて磨かないこともポイント

歯をキレイにしようとするがあまりゴシゴシ磨いてしまう人がいますが、
それにより歯茎を傷つけてしまうと、それによって膿が発生して、その膿が口臭の原因になることもあります。

 

最低限の力で丁寧に磨いてあげることがポイントであり、
それでうまくキレイにならないのであれば歯ブラシが自分に合っていない可能性も
あるので一度確認してみるといいかもしれません。

 

 

 

上記は歯磨きのテクニック的な部分のポイントだったのですが、
やはり、一番大事なのは歯磨きをする人の意識!

 

歯磨きが適当でいいやと思ってしまった途端に口臭もきつくなってしまうものです。
「人に臭いと思われたくないなぁ」「なんとか対策しなくては」と思っているうちは
歯磨きも丁寧にやっていると思うのでそこまで口臭はきつくなりませんしね!

 

とはいうものの歯磨きだけではなかなか対策できないケースがあるのも事実!
そういった方は下記も一度参考にしてみてください(^^)

 

>>>朝の口臭がきつい!すぐに実践できる5つの対策とは?!

 

このページの先頭へ
デジタル一眼レフカメラ