MENU

朝の口臭の臭いを抑えるには?!

歯磨きで口臭ケアする女性

 

口臭を気にかけている方は当然毎朝歯磨きをしていると思います。
ただ間違った歯磨きをしていると、口臭ケアのはずが逆に口臭を悪化させ、
毎朝の歯磨きが原因でひどい臭いを放つことになるかもしれないんです。

 

まず歯ブラシの使い方!
毎朝歯磨きするのはいいのですが、横(左右)に歯ブラシを動かすのは大きな間違いです。

 

口臭ももとになる食べ残しや歯垢はどは歯と歯の間にたくさん詰まっています。
これが時間が経つにつれひどい臭いを放つ原因になるのですが、
横に歯ブラシを動かして磨いているとどうしても磨き残しになります。

 

それが日々溜まっていき息をするだけでひどい臭いを放ちだします。

 

これを解消するために歯ブラシは必ず縦(上下)に動かしましょう。
また歯の前面だけではなく奥歯や歯の裏までしっかりと磨きましょう。
臭いの原因となる歯垢がこれでしっかりととれ、かなりの効果が期待できます。

 

次に舌磨きです。舌の表面にある白い部分。これもキツイ臭いの原因となります。
必ず舌磨きを行いましょう。ただし力を入れてゴシゴシ磨くのはNGです。

 

舌の表面に細かな傷がつき、そこに菌が繁殖して口臭の原因となってしまします。
必ず力を入れずに磨きましょう。

 

最後に毎朝の歯を磨くタイミングですが、朝食の後に磨いている方が多いと思いますがこれも間違いです。
夜寝ている間に口の中では様々な細菌が繁殖します。

 

朝寝起きの口臭はキツイですよね。その原因が上述の細菌です。
歯を磨かずに朝食を食べるということはその細菌をすべて胃の中に入れてしまうということです。

 

なのでその細菌を取り除く意味でも必ず、朝起きてまず歯磨きをしてください。
これだけを徹底するだけで、朝の口臭ケアはほぼ完ぺきですよ(^^)
(もちろん個人差はありますが)

 

>>>朝の口臭対策!厳選した5つの方法とは?!

 

このページの先頭へ
デジタル一眼レフカメラ