MENU

うがいでより口臭軽減するためのコツとは?

うがいをする女性

 

うがいは口臭を軽減、予防する上で重要な役割を果たしてくれます!

 

ただ、意外と歯磨きは丁寧にしっかりするのにうがいは歯磨き粉を落とすためであったり、
なんとなく適当な歯磨き液でサッとやってしまっている人が多いみたいですね〜

 

もちろん、人によってはそれでも十分に口臭対策できるかもしれませんが、
ここではよりしっかりと口臭を軽減してあげるためにできるうがいのちょっとしたコツ、
ポイントみたいなものをいくつか紹介させて頂ければと思います(^^)

 

洗浄力の高いうがい液を使う

うがいで口臭ケアをする上で、やはり水だけではどうしても不十分な場合があります。
その日食べたものによっては十分に洗浄できないことが多いです。

 

そこで市販でも売っているようなうがい液はやはり口臭軽減という観点では利用した方がGood!
色々な種類のうがい液が販売されていますが、
それを選ぶときには洗浄力の高いものを利用するのが1つのポイントです!
例えば重曹なんかはどこにでも売ってますが、洗浄力が抜群!リーズナブルですしうがいにオススメです(^^)

 

抗菌力のあるうがい液を使う

口臭ケアのためにうがい液を選ぶ上でもう1つチェックしておきたいのが抗菌力
洗浄力の高いうがい液で洗浄しても、持続的に口臭を抑えられるわけではなく、
すぐにわずかには残る食べかす等が原因で雑菌が繁殖して口臭が発生してしまいます。

 

そこでしっかり菌を抑えるような成分の入っているうがい薬を利用するのがポイントです!

 

例えば、代表的なうがい液だとイソジンに含まれているポビドンヨードという成分も抗菌成分の1つ!
他にもうがい液の種類によって色んな抗菌成分が配合されており、
人によって体内にもっている細菌の種類は全然違うことから、
使う人によって合う合わないがあるはずなので、色々試してみると良いかもしれません(#^^#)

 

弱アルカリ性のうがい液を使う

口の中が酸性の状態だと一般的に歯垢等の口臭原因物質がたまりやすいと言われます。
そこでその酸性状態を中和して中性よりにしてあげるためにうがい液は弱アルカリ性くらいのものを利用するのが
口臭軽減の観点ではGoodです!

 

うがい後の洗浄うがいは1〜2回で

うがい液で口内を抗菌したとしても、その後に水で洗浄しすぎてしまっては、
その有効な成分も全て流されてしまい何の効果も得られないという恐れがあります!
そこで若干口内に違和感はあるかもしれませんが洗浄うがいは1〜2回程度(もしくは最小限)にして
おくことをおすすめしたいです!

 

 

うがいは手軽にできる口臭対策の1つなので、
寝る前や口臭のでやすい朝なんかに程よく取り入れてみてはいかがでしょうか(#^^#)

 

>>>朝の気になる口臭の対策法とは?!

 

このページの先頭へ
デジタル一眼レフカメラ