MENU

口臭を作り出す舌苔の正体、できる原因は?!

舌苔の人の舌上

 

上図のように舌の上が真っ白になる現象!
簡単にいうとこれが舌苔と呼ばれているものです。

 

この舌苔の正体は舌のデコボコに入り込んだ口内の細菌達、食べたものの残りカス、
また、舌自体の上皮や口の中の上皮が剥がれて蓄積したものである
と考えられています。

 

この舌苔中の細菌が上皮カス、食べかす等のタンパク質、脂質を分解した
時に発生する硫化水素等の硫黄性化合物が口臭をきつくする要因なんです。

 

つまり、この舌苔という白い集合体の中だけで着々と口臭が作り出されているという事実があり、
いかにこの舌苔を作らない、もしくは除去することが気になる口臭をケアするには重要ということです!

 

舌苔ができる原因自体は体質的なものもあるのか原因がはっきりと分かっていないようですが、
舌苔は咀嚼運動が少ないとき、唾液の分泌量が少ないときなんかは発生しやすいと言われ、
特に寝ている間が一番危険であると考えられます。

 

朝の口臭がきついという方は舌苔という原因を疑ってみてもいいのかもしれません。
>>>朝の口臭を対策する5つのポイントとは?!

 

舌苔を対処するには?!

舌苔はできる人にはできてしまうものです。
つまり、一番の対策はできるだけそれが増えないように定期的に除去してあげることです。

 

歯磨き等のタイミングに合わせて舌ブラシを使って舌苔を除去するのが間違いのない対策です!

 

舌ブラシで舌苔をケアする女性

 

ただし、舌磨きを1日に何回もやりすぎたり、舌苔を除去して口臭をなんとかしたいと強く思うが
あまり力を入れすぎてやると舌を傷つけてしまう恐れもあります。

 

専用の舌ブラシを使えば優しくなでるように磨くだけでも十分舌苔は除去できますし、
回数を重ねたからといって大幅に効果があがるわけではないので、
舌苔の蓄積しているであろう起床時に一回だけ舌磨きを行うのがおすすめです。

 

口臭をケアする上で舌苔の除去は必須だと思うので、
毎日コツコツとケアしてあがることが大切です(^^)

 

このページの先頭へ
デジタル一眼レフカメラ